身体との対話

おはようございます。
さて6月に突入~
毎年思うことですが、月日が過ぎるのが早い~

 
今年の5月は、すでに夏日が何日もあったことで話題で
気温の上昇に比例して、きこえてくる回数が増える言葉
『ダイエット』

 
クライアントさんには毎回伝えていますが
疾病改善のために必要な場合以外は
ダイエットは減量することを目的にしてはいけません。

 

体重は一つの目安ではありますが
厳密に言えば、同じ身長の人でも骨格や筋肉量の違いで
体重には違いがあります。

 
運動して筋肉がキチンとついている人の方が
スリムに見えても、体重は重かったりするのです。

 

それは筋肉の方が、同じ比重なら3倍くらい重いから

なので体重は、目標数値にできても目的にはならないのです。

 

 

そして多くの方にとってダイエットというと
『ツライ』『続ない』『リバウンドする』
でしょうか?

 

頑張った結果、めでたく目標数値になると
今度は食べる事が怖くなってきたりする
わかるなぁ
誰だっていい状態はキープしたいですからね。

 
でもここで、ちょっと考えてみてほしいことがあるのです
それは「ダイエットすることで、どんな自分になりたかったのか?」

 
むつかしい精神論の様に聞こえますが
身体とのお付き合いも実は『ココ』が重要なのです。

 
身体に関心を持つことは『自分との対話の始まり』

 
一生の付き合いの自分の身体~なりたい自分をつくること=『ダイエット』
と考えたなら、体重ばかりに目は向かないですよね。

 

痩せても
お肌ガサガサ、元気が出ない状態は、ダイエット成功?

 

 

いえいえ
ダイエットをキッカケに、食べ物が前より美味しく感じて
でも前ほどたくさん食べなくても、気持ちもお腹も満足☆
お肌もピカピカで、どこまでも歩いて行けそうなスッキリ軽い身体

なんてどうでしょうk?

 

 

私はファスティングを取り入れたことで
身体の感覚がもう一段アップしました。

 

そして以前よりも食事を楽しみ
工夫する面白さにちょっとハマっています(笑)

 

今日のブランチは
自家製『かぼちゃのベーグル』に、テーブルで栽培している
ブロッコリースプラウトとフラミンゴカイワレのせてみました

 

 

夏は身体の代謝も活発になる季節~
せっかくなので「どんな自分になりたいか?」
2015年版を考えてみようと思います(^.^)
みなさん
今日も楽ユルな一日を~